測 量 / 空 間 情 報

 測量(そくりょう)は、地球表面上の点の関係位置を決めるための技術・作業の総称。地図の作成、土地の位置・状態調査などを行う。
 基本測量作業および公共測量作業に従事するためには、測量士もしくは測量士補の国家資格を必要とする。内容については測量法に定められている。

 測量の歴史は古く、古代エジプトの時代から行われてきた。日本では1800年に伊能忠敬が日本地図作成のため、蝦夷地(現在の北海道)で本格的な測量を行ったのが始まりとされる。



測量/空間情報業務内容詳細

  • 基準点測量:1級~4級
  • 区画整理測量:現況確認、基準点、画地固定、街区確定、出来型確認、路線
  • 地形測量:基準点、水準点設置、平板測量、図化等
  • 路線測量:基準点、水準点、IP点設置、中心線測量、縦横断測量、用地幅杭設置等
  • 用地測量:公図転写連続図作成、土地境界確認復元、面積計算、用地実測図作成等
  • 河川測量:河道平面測量、深浅測量、断面測量、流量・流速測定等
  • GNSS測量
  • 3D測量:歴史的建築物、重要文化財計測、橋梁・橋桁計測、地形計測
  • ドローン測量:UAV写真測量、撮影・計測サービス

       市街地での地形測量


水準測量で使用する電子レベル


       基準点測量の様子

ドローンを使用した測量


測量/空間情報業務実績